すごい広島

遅くなりましたが、すごい広島 #3 に存在していました。

やったこと

これ

hubコマンドというものを試していました。

これは、コマンドラインからGitHubの機能を使えるようにしたものです。GitHubのリポ ジトリを作成することやら、プルリクエストを投げたりだとか、フォークしたりだとか などうぇっぶ上からやることをコマンドラインから色々とできるようです。ちなみに、 Rubyで書かれていました。

以下、雑感。

Installation

portage にあったけど、バージョン古いような気がしたのでStandalone としてインストールした。 gem でもインストールできるけど、何か動作が遅くなるらしいので非推奨らしいよ。

インストールするときに使った curl の見慣れないオプションたち。

  • -s, --silent 出力せんあれ。
  • -L, --location よくわからん。man を読みましょうおれ。
  • -o, --output 指定されたファイルに書く。

Completion

zsh の補完のためのファイルが用意されているのだけれど、どうやって設定すればいい かよくわからん。issuesを見ると色々と問題があるんだなーということがわかり、また 今度調べればいいかーとなった。

great-h.github.io へプルリクる

では、hubを使ってプルリクってみましょう。プルリクするには、pull-request サブコ マンドを使います。

# プルリク用のブランチを作成する
git checkout -b furu

# ファイルをごにょごにょと編集する
mvim _posts/2013-6-05-event-003.markdown

git add -u
git commit

# プルリクる
hub pull-request -i 75 -b great-h:master -h great-h:furu

正直まだ使い方よくわかってない。

オプションの説明をしましょう。

-i: issue の番号を指定すると、その issue に対してプルリクを投げる。普通プルリ クを作成すると新しく issue が作成されるんですが、これを使うと既存の issue にプ ルリクをくっつけることができるらしいです。

-b: どこへ。

-h: どこから。

その他

  • GitHubのブログのNew Featuresの購読を開始した。
  • そういえば、Google リーダーの代替を探さないといけないですね。
  • octgitっていうGitHubのAPIを簡単に使うためのライブラリがあるらしいよ。
  • コマンドラインから issues とか見たいので、今度それできるやつを探そう。

おわりに

関係ないですけど、これに行く前に興味が湧いたやはり俺の青春なんとかかんとかを買 うために色々と本屋をまわったんですけど、どこにもなくて悲しみに包まれました。