DevLOVE広島 第一回 に参加した

DevLOVE広島 第一回(夏の陣)

おもしろい感想書けないし、あまり DevLOVE広島とは関係のないことも書いていたりする。帰ろう!

少し遅刻してしまった。いつもよりだいぶましだが、良くはない。遅刻やら何やらで人の信頼をだいぶ失っているはずだ。

そんなことはどうでもよくて、DevLOVE広島だけれど、良かった。今後も継続してやっていきたいと言っていて、第二回を秋にやれたらいいなと言っていた。たぶん参加する。

セッション

各セッションについて感想があったら書いておく。全然内容については説明する気がないので、個人的なメモになってしまうし、参考にならないんだよなあ。

どう自分が楽しくなるかということと、みんな良くない現状を変えようとしていることが印象的だった。

市谷さん

ありたい姿に向かっていくのようなニュアンスの話があった。いやこれは大事で、自分の場合、あまりできていない。年齢的には全然若いけれど、年老いたじいさんのようだ。頑張らなくては。

火村さん

楽しいのスライドの背景画像がダチョウなのは何なんだという疑問。飯テロ背景画像。自分が楽しくなるためにはということをよく考えて、それを実現するために行動できている。楽しいが原動力になる。楽しさに貪欲になれることはたぶん良いことなんだろう。まあ、辛いのは嫌だな。最近、自分はいろいろと楽しくないと思っていて、なんで楽しくないのかだとか何が楽しいのかよくわからないという感想。

井上さん (LT)

ドキュメントを Word や Excel 方眼紙なんかで書くのが辛い。楽しく書きたい。ということで、やり方やツールを変えてみたという話だった。井上さんの場合、自分がプロジェクトリーダーになって、そこでプロジェクトのメンバーにさっきのようなことを提案したらしいけれど、こういうやり方やツールを変えてみたいかという提案ってどうやってやればいいんだろう。こういう話を懇親会なんかで聞けばいいのか。

ザキさん (LT)

コミュニケーションパスが多くて、伝言ゲームみたいに話の内容がねじ曲がってしまうという話だった気がする。自分の所属している会社は、人数が少なく、あんまり N 次受けみたいな印象も今のところないので、あんまり共感というか実感がわかなかった。こういう実感が湧かないケースは多くて、いわゆるデスマだったりという辛さがあまり実感できない。想像はできて、そんな目には合いたくはないとは思っている。あとは、何か結局は人と多くの時間関わらないといけないし、人重要だなという感想。

トロくんさん (LT)

地道に改善活動をしていて、そして成果を出せているのがすごい。自分の場合、何かプロジェクトの改善をしていて上司にそんなことよりも他にすることがあるだろうと言われた場合、もう改善をあきらめてしまうかもしれない。ボロ切れのような精神だ。それに改善したいと思っていても、めんどくさいからやらないというパターンもある。

上野さん

AWS の話。開発時のコストだったり、運用時のコストの話があった。コスト、予算、見積り、お金のこと本当によくわかっていないんだよな。今のところ金には関わりがない。

西さん

広島に戻って働きたいので、広島に仕事を増やしてくれという要望。広島から優秀な人が東京や大阪に出ていってしまうことをカープの選手で例えていて、そのスライドの表現がおもしろかった。ゴールを定めたり、共有することは自分も重要だと思っている。どこまで頑張ればいいのだとか、何を作ればよいのかがあやふやだったりすると精神衛生に悪い。不安になる。

参加者でのディスカッション

あーみんなも自分と同じようなことを思っているだなー、バージョン管理していないーだとかレガシーレガシーのような話が聞けてとても有意義だった。逃げたい。

雑談

懇親会は、参加しなかった。今後は、勉強会の懇親会に参加するのはは控えようかなと思っている。なぜかというと、行ったところで他の人とあまり会話ができないからだ。懇親会、料理や酒なんかを食べたり飲んだりしてリラックスした状態で、勉強会であったことなんかを他の人達と話して交流を深める場らしい。とても楽しそうだけれど、そもそも人と何を話したらよいのかわからないし、これまであった懇親会を思い返してみると、ほとんど飯を食っているみたいな状態だ。他の人達が話しているのを聞いているのもいいけれど、やっぱあんまりおもしろくはなくて、なんだお前というかんじだ。それにお金ない。自分が楽しめるのであれば、まあ払ってもいいんだけれど、あんまり楽しめないのではあんまりコストパフォーマンスがよろしくない。自分の問題なので、まあ気が変わったらまた参加しはじめてもよいのかもしれない。なんでこんなにコミュ力ないのか。赤ちゃんの方がまだあるぞ。

メモ

会場、ネットワークつながらなくて、久しぶりに紙にメモしていた。そのまま放置しておくのも何だし、この時間でどのくらいメモが取れたのだとか、メモを取るときはこんなに字が汚くなるのだとかという意味で写真をここに貼りつけておこうかと思ったのだけれど、めんどくさくなった。気がむいたらあげよう。

読み返しもしたくない、くっそでたらめな文章書いた。まあ、書かないよりはいいと思っているし、多少はね。