git-commit-autouser についてのメモ

ryotarai/git-commit-autouser

これまた git-commit-autouser について、いつ書いたかわからないメモがあったので吐い出しておく。 だいぶ前に使ったような気がするので情報が古い場合がある。

問題

会社とプライベートでは、user.name と user.email が異なる。会社でプライベートで使っているリポジトリにコミットすると、会社の user.name と user.email が使われてしまう。リポジトリのローカルの設定に name と email を設定すればよいが、高確率で忘れる。

git-commit-autouser

remote origin の URL を見て commiter あるいは author の名前とメールアドレスを切り替える。 commit コマンドのラッパーとして使われる。

感想

  • origin の URL が設定されていない、つまり、git init してリポジトリがローカルにしかない場合、これを使ってコミットできない。 "remote origin is not configured" と言われて終わる。
  • origin が設定されていても、git-commit-autouser の設定がされていない場合、例外が吐かれて死ぬ。
  • 設定に url-regexp とあり、そこにマッチングさせる URL を指定する
  • 自分の場合、commit コマンドを ci にエイリアスしていて、git-commit-autouser を使う場合でも ci を使いたいが、 他のエイリアスにした方がよいかもしれない。ca とか。しかしそうすると、会社と家でコミットのコマンドを使う際に コンテキストスイッチが発生して、精神衛生がよくないかもしれない
  • 補完がきかなくなるので悲しい…

現在は、使っていない。